おすすめの糖質吸収阻害サプリランキング!

1日に接種する糖質の量を制限する「糖質制限ダイエット」、耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

 

このダイエットのねらいは、血糖値を一定に保つ事です。糖質を多く含む食品は、ご飯や麺類などの炭水化物が代表的です。糖質の多い食事を摂ると血糖値が急上昇し、インスリンの分泌が活発化します。その結果、糖が体脂肪として蓄えられやすくなってしまいます。

 

しかし、忙しい人はつい糖質の多い食事に偏ったり、付き合い等で外食が重なったりすることも多いでしょう。そして、ダイエットの継続を諦めてしまうのではないでしょうか。

 

ここでは、そんな現代人にピッタリの、ダイエットの手助けをしてくれる糖質吸収阻害サプリのおすすめランキングをご紹介します。

糖質吸収阻害サプリランキング

ルックルックイヌリンプラス

菊芋やゴボウに豊富に含まれている水によく溶ける食物繊維のイヌリンを配合したサプリで、摂りすぎた栄養をお掃除してくれます。

 

甘いものをついつい食べすぎてしまう人や炭水化物が好きな人にオススメで、糖の吸収を阻害してくれる力があります。
原材料も国産の菊芋や玉ねぎを始め、厳選された安心安全なものばかりです。

 

オススメしたい人 ・脂肪が気になるけど運動が続かない

・食事制限をせずに健康維持をしたい
・食物繊維をたっぷり摂取したい

主な特徴 ・イヌリンの含有量が業界トップクラス

・6つの低糖サポート成分が配合されている
・定期コースでもいつでも休止や解約が可能

成分 イヌリン/玉ねぎ/菊芋/ビフィズス菌など
価格 定期特別キャンペーン申し込みで初回2,980円
評価

 

 

メタバリアスリム

美味しいものを食べながら糖質にも気を使いたいという人に良いサプリで、摂りすぎた糖の吸収を阻害して健康維持をサポートしてくれます。

 

糖が適度に保たれることで脂肪も増えず、痩せやすい体質になっていくのでダイエット効果も期待できます。
サラシア成分をしっかりと含んでいるので効果を感じやすく、リピート率が高い商品です。

 

オススメしたい人 ・美味しいものを食べながら健康維持したい

・糖のとり過ぎや血糖値が気になる
・まずは手軽に試してみたい

主な特徴 ・サラシア系売り上げメーカー第1位獲得

・天然植物由来の成分なので体に優しい
・食事の前に2粒ほど飲むだけなので手軽

成分 難消化性デキストリン/サラシア濃縮エキス/赤ワインポリフェノールなど
価格 14日間のトライアルパックが500円
評価

 

 

サラシア100

炭水化物が大好きで食事で多く摂取してしまいがち…でも食後の血糖値が気になるという人にオススメのサプリです。

 

ネオコタラノールの力で糖の吸収を緩やかにし、血糖値が上がるのを抑えることが出来るためダイエットや健康維持効果に大きな期待ができます。
食事ごとに1粒飲むだけで良いという手軽さもあるため、続けやすく違いも感じやすい優秀な商品です。

 

オススメしたい人 ・食後の血糖値の急上昇を抑えたい

・炭水化物が大好きだけど糖質を制限したい
・沢山の錠剤を飲むのが苦手

主な特徴 ・1回1錠を食後に飲むだけでいい手軽さ

・特許成分ネオコタラノールの力を配合している
・定期便で割引が増えるのでお得に続けられる

成分 サラシアキネンシスエキス
価格 1ヶ月分が定期便で初回限定2,268円
評価

 

 

アラプラス糖ダウン

1日1回を好きなタイミングで飲める糖の吸収を抑えるサプリで、続けやすさと実感力の高さが大きな魅力です。

 

糖が吸収される前に燃焼する力を高めることで血糖値を高くしにくくなり、余分な脂肪として蓄積されるのを防ぐことも可能です。
独自成分のALAは生活習慣対策やダイエットなど多くのプラス効果があり、その力を十分を試せる1ヶ月お試しコースが人気です。

 

オススメしたい人 ・血糖値の高さをなんとかしたい

・糖を燃焼する力を高めて痩せたい
・何度にも分けてサプリを飲むのが面倒

主な特徴 ・1日1回好きなタイミングで飲める

・臨床試験済みなので効果を感じやすい
・機能性表示食品として消費者庁に受理されている

成分 デンプン/アミノ酸粉末/HPMCなど
価格 1ヶ月お試しが4,900円
評価

 

 

デュアスラリア

活動が増える昼には燃やす力をアップし、動かない時間が多い夜は吸収を抑えるという2つのアプローチをしてくれるサプリです。

 

年令を重ねて落ちてしまった代謝をアップされる力もあるので、糖の取り過ぎに配慮しながら痩せやすい体づくりを叶えてくれます。
1日2回飲むだけで良いので忙しい人でも続けやすく、特に女性からの評価が高い商品です。

 

オススメしたい人 ・年齢を重ねて痩せにくくなってしまった

・摂りすぎてしまいがちな糖をなんとかしたい
・食事資源はしたくないけどスリムアップしたい

主な特徴 ・昼と夜で違うアプローチをしてくれる

・2週間お試しセットがあるので始めやすい
・1日2回飲むだけで良いので手軽で続けやすい

成分 ガルシニアエキス/還元麦芽糖水飴/デキストリンなど
価格 1ヶ月お試しセットが980円
評価

 

 

糖質制限ダイエットは難しい?

全体の食事量をただ減らしてもダイエットにはなりますが、糖質量の少ない食事に切り替える「糖質制限ダイエット」にすると、より効率的に痩せることができると言われています。

 

 

 

糖質と聞くと甘い物を連想しますが、でんぷんも糖質に含まれるので要注意です。炭水化物だけでなく、かぼちゃやジャガイモなどもでんぷんが多く含まれています。

ポイントは血糖値のアップダウンを緩やかにすること

糖質量の多い食事をとると、グルコーススパイクと呼ばれる現象が起きやすくなります。グルコーススパイクとは、血糖値が急上昇・急降下する現象で、低血糖状態(頭痛、偽の空腹感、眠気など)を引き起こすことがあるので注意が必要です

 

 

 

糖質の多い食事をとると、上がった血糖値を下げようとしてインスリンが多量に分泌されます。その結果、今度は血糖値が一気に下がってしまうのです。忙しい時に、朝食を抜いて血糖値が低くなっている状態で、ランチで丼ものを食べたりするとグルコーススパイクが起きやすくなります。どうしてもの時は、食事前に糖の吸収を抑えるサプリを飲んでおくといいでしょう。

1日の糖質量はどのくらいに抑えるべき?

糖質制限ダイエット中は、1日に摂取する糖質量は「体重×1g(体重50kgの人は50g)」が目安です。おにぎり100g(おおよそ通常の1個分の量)の糖質量は39gなので、普通に食べていたらボーダーラインにすぐに到達してしまいそうですよね。

 

 

 

しかし、糖質制限ダイエットは、タンパク質は積極的に摂取するのが望ましいとされています。私たちの体は、エネルギーの源となる糖質が不足していると、筋肉を分解してエネルギーに変えようとします(筋分解)。筋肉が落ちることで基礎代謝も低下し、リバウンドしやすくなってしまいます

 

 

 

炭水化物の代わりにタンパク質を摂ることで、筋肉量を増やしましょう。マグロやさんま、卵なども低糖質高タンパクの食材なのでオススメです。

糖質制限ダイエット中の運動は?

糖質制限ダイエット中は、体内の糖質が足りない状態になっているので、エネルギーの元になるアミノ酸を使おうとします。アミノ酸は筋肉から作られるので、過度な運動でエネルギーを消費しようとすると、筋肉量が落ちてしまう可能性があります

 

 

 

週に2?3回ほど、一回30分のウォーキングで十分と言われています。他にも、ウォーキングなどの有酸素運動だけでなく、筋トレを行うのも効果的という人も多いようです。ダイエット中はストレスも溜まりやすくなっているので、運動は無理なく行い、もし激しい運動をした日は糖質を多めに摂るなどの工夫をしましょう。

ダイエット効果アップが期待できる、糖質吸収阻害サプリとは?

 

ダイエットサプリで代表的なものに、脂肪燃焼サプリ食欲抑止サプリ糖質吸収害サプリがあります。

 

 

 

体内の脂肪燃焼をより早める作用が期待出来る「脂肪燃焼サプリ」は、運動と組み合わせて継続するのが推奨されています。食べたい気持ちを抑えてくれる「食欲抑止サプリ」は、特に海外製品が人気で即効性に優れたものもありますが、動悸や吐き気などの副作用を心配する声も多く見受けられます。

 

 

 

今回注目したいのは「糖質吸収阻害サプリ」。糖質吸収阻害サプリは、食事で体内に入った余分な糖質を吸収せずに体の外に排出してくれるので、ついつい食べ過ぎてしまう人や、忙しい人も簡単に始められるのが魅力です。辛い食事制限も必要なく、このタイプのサプリには人気商品が多いとも言われています。

 

 

 

糖質は人体に必要不可欠な栄養素ですが、現代人のライフスタイルでは、糖質を過剰に摂り過ぎているという説もあります。サプリで糖質の吸収を阻害することで、余分な糖が脂肪に変わるのを防ぐ手助けをしてくれます。

糖質吸収阻害サプリにはどんな成分が入っている?

糖質をブロックしてくれるサプリは、どんな成分が入っているのでしょうか。ここからは、市販の糖質吸収阻害サプリに含まれている代表的な成分をご紹介します。古くから親しまれている天然成分も多いので、サプリを飲むことに抵抗のある人も是非チェックしてみてくださいね。

ギムネマ

ギムネマはインド原産のハーブの一種で、このエキスから抽出したものが市販のサプリに配合されるのが一般的です。ギムネマの葉を噛むと、その後甘いものを口にしても、甘味だけ感じなくなると言われています。小腸で糖が吸収されるのを抑制してくれるので、糖尿病予防にも効果が期待されています

サラシア

昔からアーユルヴェーダでも使用されてきたサラシアは、天然成分でありながら糖質を分解する役割を持ち、糖尿病や肥満の治療に役立てられてきました。インド、東南アジア一帯に広く分布し、サラシア属の品種は約120にのぼると言われています。リウマチや喘息、生理の異常など多くの病に効果があることが立証されています

アラビノース

豆類や野菜にも含まれる天然の糖類の一つで、よく耳にする「アラビアガム」にも、アラビノースは含まれています。砂糖の約60%ほどの甘みがある甘味料の一種で、糖の吸収を穏やかにする効果があり、砂糖に少し加えるだけで、血糖値の上昇を緩やかにしてくれると言われています。

桑の葉

お茶や青汁などで口にすることの多い桑の葉は、ビタミン、カルシウム、鉄など豊富な栄養を含むだけでなく、糖尿病や高血圧の改善、コレステロールを下げる働きもあると言われています。副作用もほとんどなく、お茶であれば1日湯のみ1杯ほどの接種でも良いようです。長期的な接種でより高い効果を発揮すると言われています。

紅参

紅参は高麗人参を皮ごと蒸して乾燥させたもので、有効成分のサポニンの量が増えることから、より薬効が高まるとも言われています。漢方薬としても古くから親しまれてきました。主要成分であるサポニンは、肥満予防、血流改善、コレステロールを下げたり、免疫力を高める効果が期待できます。

糖質吸収阻害サプリの選び方

様々なダイエットサプリの中でも、糖質吸収阻害サプリは、比較的副作用が少なく、無理なくはじめることができるためとても人気があります。近頃は種類がかなり豊富になり、自分に合ったサプリの選び方がわからないという人も多いと思います。これからご紹介するポイントをチェックして、サプリ選びの参考にしてみてくださいね。

安全性

サプリ初心者でちょっと心配という方は、安全基準を満たしているかをチェックして選ぶのがオススメです。GMP認定工場(GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、適正製造規範のこと)で、一定の品質が保たれるよう製造されたものを選ぶのも良いでしょう。また、消費者庁の認可を受けた「トクホ」の商品や、全成分が表示された商品も数多く販売されています。

成分の配合量

安価すぎるサプリや粗悪品の場合、成分の配合量が極端に少なく、「つなぎ」(油など)の割合が高くなったりするので注意が必要です。パッケージに原材料の配合量が明記されている商品は、安心できるメーカーと言っていいでしょう。また、有効成分が効率良く吸収されるよう、様々な成分が配合されているものもオススメです。

続けやすさ

無理なく続けるには、サプリの購入ルートを決めておくのも大切です。今はネット通販もあり、海外製品もすぐに手に入るようになりました。糖質吸収阻害サプリは長期的に摂取するとより効果的と言われているので、続けやすいことも重要です。

価格

1か月分で2,000円台から始められるものもありますが、おおよそ4,000?6,000円程度のものが多いようです。成分の配合量、1日の服用回数もサプリによって異なるので、安価なものが必ずしもお得ではないので、コスパの面でもチェックしておくと良いでしょう

糖質吸収阻害サプリの飲み方

メーカーによって飲み方は異なりますが、食前20?30分前に飲むケースが多いようです。体内で糖が脂肪に変化するのは、食後30分からと言われています。もしうっかり飲み忘れても、食後すぐに摂取することが推奨されています。

 

 

 

また、糖質吸収阻害サプリは効果の個人差もあるため、ベストな服用量は人によって異なる可能性があります。食事の内容によっても変化するため、決められた服用量の中で、自分にあった量を見つけていくと良いでしょう。

糖質吸収阻害サプリに副作用はある?

「サプリは薬ではないので、副作用の心配はいらない」と思われがちですが、様々な成分が配合されているので、意外な成分が原因で副作用が起きてしまう可能性もあります。どのような副作用があるのか、その一部をご紹介します。サプリの購入前に副作用についてもチェックし、正しく服用しましょう。

アレルギー

サプリに含まれる成分が原因でアレルギーを起こす場合があるので注意が必要です。例えばダイエットサプリによく含まれて居る「キトサン」は、甲殻類から抽出した食物繊維ですが、甲殻類(カニ、エビなど)アレルギーを持った人が服用するとアレルギー症状が出る可能性があると言われています。

糖尿病治療中の人

糖の吸収を抑えるサプリは、糖尿病治療中の人にも一見良さそうに思われますが、血糖値が下がりすぎてしまう危険性があるため、自己判断でサプリを飲むのはやめましょう。薬ほど効果は期待できませんが、血糖値を下げる薬を処方されている場合、安易に併用するのは危険です。

妊娠中、授乳中の人

妊娠中は体重増加が気になって、サプリを試してみたくなる女性も多いでしょう。しかし、赤ちゃんに栄養を届ける、妊娠・授乳期に、糖の吸収を抑えてしまうのは大変危険です。糖質は赤ちゃんにとって大切なエネルギー源なので、この時期の服用は控えるよう注意している商品が多いようです。サプリに有害なものが含まれているわけではありませんが、普段は問題のない成分に対しても体が過敏になっていることが多いので注意しましょう。

まとめ

ダイエットしたいけれど運動する時間がないという方に、気軽に始められる糖質吸収阻害サプリは頼もしい存在です。しかし、ついサプリに頼りすぎて食べ過ぎて、かえって太ってしまったというケースもあるので注意が必要です。

 

 

 

サプリには意外な副産物もあり、中には「以前より疲れにくくなった」という人もいます。自分のライフスタイルにあったサプリを見つけて、ストレスのないダイエットを楽しみましょう。